くせ毛

くせの種類とその特徴を解説。

SNSフォローボタン
くせ毛

こんにちは、ご覧いただきましてありがとうございます。

横浜エリアで

「大人女性」に

「似合う髪型」と

「美髪」

を合わせた

「オシャレな美髪」を

提案しています。

あなたの髪のお悩みを改善のサポートする

美容師、イシカワです。

 

「大人女性」の

クセ毛、髪の傷み、髪質の変化(エイジング毛)など

前よりクセが強くなった…

傷みが気になるようになった…

手触りが悪くなってきた…

髪が細くなり毛先がからまるようになってきた…

など

扱いにくくなった髪を、

担当人数5000人以上の経験から

似合う髪型、綺麗な髪を提案します。

髪が綺麗になると

「鏡を見る回数が増えた」

「周りから『髪が綺麗!』とよく言われるようになった」

など前向きなお話が多くなってきます。

そんな

「オシャレな美髪」に

なれるようお手伝いさせていただきます。

 

 

ご予約はこちらから公式LINEの登録お願いします。

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

LINE

 

こちらのアプリからも可能です。

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

イシカワ クニユキさんのSTEKiNAプロフィール
右上のフォローボタンを押してからご予約のご案内にお進みください。 くせ毛やダメージにお悩みの方に縮毛矯正、髪質改善、くせ毛カットを提案する横浜の美容師です。

 シェアサロン エマノン ヨコハマでサロンワークをしております。

横浜駅西口徒歩5分のハマボールイアス3Fにあります。

EMANON横浜 – ハマボール イアス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シェアサロン エマノン ヨコハマでサロンワークをしております。

横浜駅西口徒歩5分のハマボールイアス3Fにあります。

EMANON横浜 – ハマボール イアス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イシカワ
イシカワ
くせ毛にも種類がいくつかあるんですよ!!

 

 

くせ毛と言っても色々な種類があるのはご存知でしょうか?

種類と特徴を知ると扱いやすくなったり自分の髪にあったスタイリング剤を見つけれたりと上手に付き合えるようになるかも知れません。

 

その特徴を見ていきましょう。

1・くせ毛の種類

ざっと分けて5種類あります。

その特徴を見るとこれは自分のクセの種類かも?と合わせてください。

 

1・波状毛

 

大きくうねるくせで波を打っている。

断面は楕円形になっている。

日本人の70〜80%がこのタイプのくせになります。

いわゆるくせ毛、うねりなどの名称で言われることが多いくせ。

場所によっても広がる感じが変わるので活かす場合は注意が必要です。

 

 

2・捻転毛

コイル状に捻れているタイプのくせ毛。

パサつき、広がりやすいなど乾くと広がりやすい特徴

梅雨の時期などポワポワした髪が出てくるタイプのくせ。

乾燥の時期などは気にならないけど湿気の時期になると気になりだすクセのタイプ。

本人でもわからない方が多くトリートメントを繰り返してしまいがちのクセのタイプかもしれません。

なんども書いていますがトリートメントではくせは伸びません。

クセを伸ばしたいなら縮毛矯正です。

 

 

3・縮毛

縮れているタイプのくせ毛。

水分バランスが不安定で扱いにくいタイプのくせ毛。

日本人に数%しかいない髪質。

活かすしてショートやボブに、伸ばして縮毛矯正するかの選択肢が少ないクセのタイプかもしれません。

活かす場合はスタイリング剤の使用は必須ですがあなたしかできない髪型の一つになれるはずです。

縮毛矯正の場合は一度かけているとくせとの差が目立つのである程度短いスパンでかける(3〜4ヶ月)と維持しやすいかもしれません。

 

 

4・直毛

真っ直ぐな髪質。

直毛もくせ毛の種類に入ります。

かえって真っ直ぐすぎて扱いにくい髪質。

パーマがかかりにくいなどのことも。

 
5・連珠毛

表面がボコボコしている。

数珠がつながったような形状をしている。

切れやすい髪質。

 

縮毛矯正をかけれますが切れやすい、細い髪質になりますので注意が必要です。

 

 

とこのように5種類のタイプがあります。

特徴もさまざまでかつ一つ一つのタイプで分けれなく混同しているタイプも存在します。

波状毛と捻転毛は混在タイプでよく見られるくせです。

2・上手なお付き合いを

タイプによって水分を保つことが苦手なくせだったり濡れている状態だと真っ直ぐなのに乾くと出てくるくせなど症状は千差万別です。

縮毛矯正をして真っ直ぐにするのも大切ですし、くせ毛を活かすカットをして髪型とするのも正解です。

やはりその特徴を理解しておくことが大切ですね。

 

 

 

 

 

アーカイブ
シェアする
クセ毛、美髪に特化した美容師のblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました